ご相談窓口

よくあるご質問

  • 入所について
  • 通所リハビリテーションについて
  • 居宅介護支援事業所サービスについて
  • 百楽園について

居宅介護支援事業所サービスについて

入居の条件はありますか?
単身の方:60歳以上の方はどなたでも入居可能であり、介護認定の有無は問われません。
しかし、基本要介護状態の方が主に利用されるようになると思われます。
ご自宅で暮らせる状態のお元気な方が入居されるとは想定しにくいです。

同居の場合:どちらかが60歳以上の親族、要介護もしくは要支援認定を受けている60歳未満の親族の方であれば同居できます。

ページTOPへ戻る

どういった方が入居されるのですか?
  • (1)日常生活に不安を感じる方
    一人または夫婦暮らし(身近に誰もいない等)が不安
    ・食生活が偏ってしまう不安
    ・物忘れによる不安
    ・薬の管理(飲み忘れ飲み間違い等)が不安
    ・役所からの書類が分からない
    ・病気のことやドクターの話が分からない
    ・介護保険の申請やサービスの使い方が分からない
  • (2)ホームヘルパー等のサービスを利用すれば一人(または夫婦)暮らしが出来る方
  • (3)高齢の夫婦暮らしで介護疲れはあるが、ずっと一緒に暮らしたいと思われている方
  • (4)無駄な費用(一時金等)は払わずに住み替えしたいと思われている方
  • (5)病院や介護老人保健施設を退院(退所)してからの住まいを探している方
  • (6)ご家族の介護負担が気になる方
  • (7)今の生活スタイルはなるべく変えたくないと思われている方
  • (8)プライバシーが守られた個室での生活がしたい方
  • (9)特別養護老人ホーム入所待機をしている方

ページTOPへ戻る

認知症の病状があっても入居することは出来ますか?
「認知症」とは老いにともなう病気の一つです。さまざまな原因で脳の細胞が死ぬ、または働きが悪くなることによって、記憶・判断力の障害が起こり、社会生活や対人関係に支障が出ている状態のことをいいます。
認知症の方は理解力が落ちているものの、感情面はとても繊細です。あたたかく見守り適切な援助を受ければ、自分でできることも増え、穏やかに過ごしていくことが出来ます。私共は、認知症を理解し、自然で優しいサポートを心がけ、その方らしい生活を続けていけるようにお手伝いしてまいります。同時に、適切な治療を受けることで、認知症の進行を遅らせたり、場合によっては症状を改善したりすることもできます。

ページTOPへ戻る

長期に入院等で不在になった場合の居室はどうなりますか?
家賃・共益費・生活充実費をお支払いいただければ、居室は確保いただけます。

ページTOPへ戻る