医療法人あすか会
HOME サービス・施設紹介

サービス・施設紹介

奈良、生駒の自然あふれる環境で、自分らしく、安心して過ごせるサービスと空間をご提供いたします。

施設に入所

介護老人保健施設

対象者:要介護1~5

要介護の高齢者の自立を支援し、地域への復帰を目指すために、医師による管理の下、看護・介護といったケアの他、リハビリテーションや栄養管理・食事・入浴などの日常サービスを提供する施設です。

多業種連携で在宅ケア支援の拠点に

医師の指示の下、薬剤師、看護師、介護福祉士、セラピスト(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、介護支援専門員、支援相談員、管理栄養士、歯科衛生士、が多職種連携で生活に寄り添います。介護予防を含めた教育・啓発活動など幅広い活動を通じ、在宅ケア支援の拠点として機能いたします。ご入所より3カ月間は、医師の指示の下、セラピストにより、個別に身体及び認知症に対するリハビリテーションを集中的に受けることができます。

当法人が運営するのは「超強化型老健」です

老健は、厚生労働省が定める指標によって、5段階の類型に分けられます。必要要件は「在宅復帰率」や「回転率」といった在宅復帰・在宅支援機能で構成されており、10項目の実績が計70ポイント以上を満たすと認められた施設が「超強化型老健」です。在宅での暮らしを希望される方は、ぜひとも「超強化型老健」をお選びください。

老健分類資料PDF

グループホーム

対象者:要支援2、要介護1~5

認知症の方を対象に、少人数の共同生活の中でケアを提供いたします。ご利用者様やスタッフが共同で食事の支度や掃除、洗濯などの日常生活を営み、認知症状の進行を抑えます。お一人おひとりの生活を重視して、様々な困難がある状態でも最大限に力を発揮できるような環境を提供し、楽しみや潤いのある「その方らしい生活」を送って頂けるように支援いたします。

短期入所
(ショートステイ)

短期入所療養介護

対象者:要介護1~5

居宅生活中の要介護者に対して短期入所してもらい、医師や看護職員、理学療法士等による医療や機能訓練、日常生活上の支援などを行うサービスです。利用者家族の病気や冠婚葬祭、出張、一定期間、介護から解放され自分の時間を持つことができます。利用者様は利用中毎日セラピストによる個別リハビリテーションを受けることができます。

介護予防短期入所療養介護

対象者:要支援1・2

居宅生活中の要介護者に対して短期入所してもらい、医師や看護職員、理学療法士等による医療や機能訓練、日常生活上の支援などを行うサービスです。利用者家族の病気や冠婚葬祭、出張、一定期間、介護から解放され自分の時間を持つことができます。利用者様は利用中毎日セラピストによる個別リハビリテーションを受けることができます。要介護状態になることをできる限り予防し、あるいは悪化させない事を目的としています。

施設に通って
利用するサービス

通所リハビリテーション

対象者:要介護1~5

介護予防通所リハビリテーション

対象者:要支援1・2

日常生活の自立をサポートするために、医師の指示の下、理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行い、ご利用者様の心身機能の維持回復を図ります。

リハビリテーションマネジメント

ご利用者様のお体や生活の状況を把握し、リハビリテーション計画を作成します。定期的に計画書の見直しを行い、その内容に沿って質の高いリハビリテーションを進めています。リハビリテーションは、その目的や負荷、禁忌条件について、各ご利用者様の状態ごとに基準の適合を確認した計画書を作成し、他の職種との共有やご家族様などへのご説明を行います。また介護支援専門員に、ご利用者様の有する能力や自立に必要な支援及び日常生活上の留意点について情報を提供したり、他の居宅サービスの従業者と共にご利用者様の居宅を訪問し、従業者またはご家族様へ介護の工夫や日常生活上の留意点に関する助言を行うこともあります。

生活行為向上リハビリテーション

生活行為の内容の充実を図るための技能を有するセラピストが、リハビリテーションの目標と実施頻度、場所、時間などが記載された計画書を作成し、実施します。またご利用者様宅を訪問し、医師の指示のもと、生活行為の充実の評価、確認を行います。

小規模多機能型居宅介護

対象者:要支援1・2、要介護1~5

「通い」を中心に、「訪問」、「泊まり」の自由な組み合わせが可能で、時間も内容もその日のニーズによってフレキシブルにご利用頂けます。例えば「通常のデイサービスより長く(短く)時間利用したい」「急に泊まりが必要になった」「配食だけ頼みたい」など、比較的柔軟に応じております。ご本人様・ご家族様のご都合に合わせてお使いください。また、ご要望に応じて、リハビリテーションや医療など必要なサービスを追加頂くことも可能です。どのサービスも同じ事業所、同じ介護スタッフが行うため、安心してケアを受けて頂けます。

看護小規模多機能型居宅介護

対象者:要介護1~5

要介護の認定を受けた方が、施設に登録することで、「在宅生活がより長く継続できる」ことを重視して始まったサービスです。「通い」を中心に、「訪問」、「泊まり」を組み合わせたサービスをフレキシブルに受けることができ、看護サービスが加わったものです。在宅生活を24時間365日支えますので、お一人暮らしの方や高齢のご夫婦だけで暮らしておられる方、日中お一人になる方でも、安心して自宅で暮らして頂けるよう支援できます。

自宅で利用するサービス

(介護予防)訪問リハビリテーション

対象者:要支援1・2、要介護1~5

要介護のご利用者の居宅で、医師の指示の下、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が心身機能の維持回復を図り、日常生活の自立を助けるためのリハビリテーションを行います。

リハビリテーションマネジメント

ご利用者様のお体や生活の状況を把握し、リハビリテーション計画を作成します。定期的に計画書の見直しを行い、その内容に沿って質の高いリハビリテーションを進めています。リハビリテーションは、その目的や負荷、禁忌条件について、各ご利用者様の状態ごとに基準の適合を確認した計画書を作成し、他の職種との共有やご家族様などへのご説明を行います。また介護支援専門員に、ご利用者様の有する能力や自立に必要な支援及び日常生活上の留意点について情報を提供したり、他の居宅サービスの従事者と共にご利用者様の居宅を訪問し、従業者またはご家族様へ介護の工夫や日常生活上の留意点に関する助言を行うこともあります。

(介護予防)訪問看護

対象者:要支援1・2、要介護1~5

看護師などが、ご自宅を訪問いたします。医師の指示の下、療養上のケアや診療の補助、健康状態のアセスメント、日常的な支援など様々な看護サービスを提供いたします。病気や障がいがあっても、在宅酸素療法や褥瘡の療養、気管切開管理療法など医療機器を使用しながらでもご自宅で最期まで暮らせるよう、サポートいたします。

(介護予防)訪問介護

対象者:要支援1・2、要介護1~5

訪問介護員(ホームヘルパー)がご利用者宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護や調整、洗濯、掃除等の家事を行います。身体介護とは、利用者様の身体に直接接触して行う介護サービスで、日常生活動作(ADL)や意欲の向上のために利用者様と共に行う自立支援のためのサービスです。生活援助とは、身体介護以外の介護であって、掃除、洗濯、調理など、日常生活上の援助であり、ご利用者様が単身、またはその家族が家事を行う事が困難な場合に行われるサービスです。

医療サービス

診療所

外来診察に加え、通院困難な患者様のもとへ定期的かつ計画的に訪問し、診療、治療、薬の処方、療養上の相談や指導などを行う訪問診療(在宅医療)を行っております。緊急時には臨時往診や入院先の手配なども行います。予防接種や健康診断も対応しています。

居宅管理療養指導

対象者:要介護1~5

医師や薬剤師、歯科衛生士、管理栄養士といった専門職がご自宅に訪問し、療養上の健康管理や生活指導を行います。医療行為は行われませんが、通院にかかるご利用者様とご家族様の負担を軽減し、定期的な健康管理を受けることができます。

高齢者住居へ入居

サービス付き高齢者向け住宅

原則60歳以上の高齢者の方にご入居頂ける賃貸住宅です。建物はバリアフリー対応で様々な基準をクリアしており、家庭的な雰囲気の中で、日常生活相談や安否確認、バランスの取れた食事や介護保険サービスを受けて安心して暮らすことができます。

お一人おひとりに応じた介護サービスを提供

Cocode百楽園では、多くの入居者様がデイケアや訪問リハビリテーション、訪問看護、訪問介護を利用されています。在宅で介護を必要とされる方が安心して生活を送れるように、介護支援専門員が心身の状況や生活環境を踏まえ、ご本人様、ご家族様の意向に沿ってケアプランを作成し、介護サービスの連絡や調整を行っています。